« 超小型高音質スピーカーへの挑戦 ~設計調整編~ | トップページ | 甘柿の種を植えたら甘柿が出来るんじゃ? »

2018年11月 1日 (木)

超小型高音質スピーカーへの挑戦 ~試聴編~

ヤンシーです。(・∀・)

昨日は完敗。何か2年前と同じ流れになってきた?

いやいやそんなことはない!

今日1つ勝ってズムスタに帰ってきてくれるでしょう!

さて、またまた昨日の続き。

超薄型スピーカーを一晩鳴らし込み、翌日試聴してみました。

Dsc_0648

しかし何ということでしょう!

このスピーカー、サナギから蝶になったように

すっかり変身していました。

中域の粗さはすっかりとれ、締まった低音も

ディテールを損なうことなく再生しています。

バックロードホーンの良さが生きています。

リニアに出てくる低音は、とてもこのユニットからとは思えません。

しかし中域の粗さが取れた分、ハイ落ちとなっていたので

トーンコントロールでトレブルを持ち上げてやると、

バランスの良い音になりました。

昔オーディオチェックで使っていたCDを引っ張り出し、早速試聴。

・ソース#1 スティーリー・ダン aja

スティーリー・ダン

音質的にも音楽的にもベストオブスティーリー・ダンではないかと

思っている1枚。

試聴ポイントはトラック1の冒頭。

ベースドラムとベースのユニゾン。

押し出しの強いベードラとプレシジョンベースの肉厚な音を

再生できるか。

なかなかいいです。コーンは盛大に振動しますが、音も割れることなく

しっかりプレベの雰囲気を再生します。

タイトなスネアドラムの音も抜けがいい。

・ソース#2 ペイジズ

ペイジズ

時代的にもAORという感じではあるけど、非常に緻密でプログレッシブ。

ジェイ・グレイドンのこだわりが感じられる1枚。

音質的にも素晴らしいですね。

試聴ポイントはトラック7。

変拍子に乗せてハードに展開するドラム。

あーイカン!これは完全に音が破綻しました。

さすがにこれは厳しかったか。

・ソース#3 ラシェル・フェレル

ラシェル・フェレル

初めて聞いて、ぶっ飛びました。

若いのにめちゃくちゃ上手い。

同年にデビューしたマライヤ・キャリーにもぶっ飛びましたけど。

年に2度ぶっ飛んだのはこの年だけかも。

音質も現代的な厳しさのある秀録。

試聴ポイントはトラック1の冒頭。

ベースランに絡むように歌いだし、盛り上がっていく。

エコー成分がくっきり聞こえます。

朝霧というより、間近で見る虹のよう。

とてもナチュラルでリアルな歌声です。

・ソース#4 nancychannel summerselection

nancychannel

この夏、お世話になった1枚。

音質もどれもいいですね。

特にトラック7のボーカルのナチュラルさは際立っています。

カーオーディオではわからなかった表情を聴かせてくれました。

・ソース#5 アート・ペッパー・ミーツ・ザ・リズム・セクション

アート・ペッパー・ミーツ・ザ・リズム・セクション

まさに音像が見える1枚。

ウチのステレオで聴くと、ペッパーが、そこに立って吹いています。

しかしこのスピーカーでは、無理でした。

左右1体型なのでしょうがないですね。

アナログ的でリアルな音質はちゃんと再生されましたが。

・ソース#6 デュークス・オブ・サーフ サーフィン ワ・イ・キ・キ

デュークス・オブ・サーフ

ザ・ビーチ・ボーイズの再来といわれているハワイ出身の

サーフロックバンド。

ほんとぱっと聴くとビーチボーイズの新譜?と思ってしまうほど。

さて、新しめの音源はどうでしょうか。

まず音圧の高さにビックリ。音がデカい。

最近のCDってこうなのね。(^_^;

しかしダイナミックレンジは狭く、びっくり饅頭※のように

潰された音なので難なく再生。録音はあまり良くないね。

・ソース#7 山下達郎 ビッグ・ウエイブ

山下達郎

映画「Big Wave」のサントラ。

山下達郎のオリジナルとザ・ビーチ・ボーイズのカバーが半々という

異色のアルバム。もちろん全編英語です。

納品先となるOさんが達郎好きということで聴いてみました。

トラック8、Please let me wander。

イカン、フロアタムの音が破綻。好きな曲なのに残念。

なめてたけど、このCD結構重低音が入っていました。

試聴総括。

優秀録音はより美しく、そうでないのはそれなりに再生する

フジカラープリントのようなスピーカーになっていました。

特にボーカル物はいいです。クラシックも聴いてみましたが、

さすがにフルオケの重厚さは再生できず、

こじんまりとした室内楽的になります。

最近のアルバムは全く問題なく再生しますし、

J-POPも達郎さんは別として大丈夫。

70年代~80年代初頭のレンジの広い洋楽は、

ソースによっては無理でした。

まあ38mmの豆粒ユニットにしては上出来です。

当初の低音再生能力への心配は返上。

50Hz以下の重低音は無理ですが、

普通に低音と感じる領域は十分再生します。

アンプのベースつまみを上げ下げするとよくわかります。

下げるとペラペラな音になるし、上げるとブーミーな音になります。

この帯域の音がしっかり再生されている証拠ですね。

38mmとはいえ、侮れんね~( ^ω^ )

        ~続く~  ※びっくり饅頭=呉名物の今川焼のようなヤツ

広島ブログにほんブログ村 ハンドメイドブログへ

↑ランキングに参加しています ポチっとクリックお願いします。( ^ω^ )

|

« 超小型高音質スピーカーへの挑戦 ~設計調整編~ | トップページ | 甘柿の種を植えたら甘柿が出来るんじゃ? »

Furniture」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 超小型高音質スピーカーへの挑戦 ~設計調整編~ | トップページ | 甘柿の種を植えたら甘柿が出来るんじゃ? »