Furniture

2019年11月19日 (火)

ジュエルキューブの製作 後編

ヤンシーです。(・∀・)
昨日の続きです。
オットさんからオーダー頂いた作品を収納するケース。
製作編です。

サイズは縦横50mm、高さ30mmの直方体。
これに直径32mmの穴を深さ25mmで掘り込みます。
形状は極めてシンプル。
ですが、物づくりでは、四角いものを四角く、
丸いものを丸く作るのが一番難しいです。
しかも200個、均一なクオリティで作るのはなかなか難しそうです。
素材は、20厚×910幅×810長のウォールナットパネル2枚。
30mm厚で、いいものがあればいいのですが、
品質の良いものが見つからなかったので
20mm厚を貼り合わせて30mmにカットすることにしました。
木工ボンドで張り合わせ、プレス機で3時間固定。
それをまず幅50mmにカット、さらに高さ30mmにカット。
基本の棒状素材が出来ました。

Dsc_2287

次に上下左右、4面にサンダー掛け。

Dsc_2289

右端に穴を掘り込みます。
ベニヤで作ったテンプレートをクランプします。
テンプレートをクランプする為に、棒状の素材を作った訳です。
機械に負荷がかかり過ぎないように、
3段階に分けてトリマーで掘ります。

Dsc_2117

穴あけ完了。

Dsc_2120

そして丸ノコで切断です。
ピッタリ50mmになるよう、切りしろを計算してカット。
穴あけとカットを交互に繰り返します。

Dsc_2122

カット面と穴内部のペーパー掛けと面取りが出来たら、
塗装です。
浸透性のウレタンを垂れないように1面ずつ塗ります。

Dsc_2291

最後に、ウエスで全面磨き上げて完成。
この作業が重要です。
なめらかな肌触りと半艶の光沢は、この作業で生まれます。
このような小さいパーツを磨く事は初めてで、
最終工程はなかなか大変でした。
これで完成。

とりあえず100個納品し、現在残り100個を製作中です。
作品展でキューブを見かけたら、作り方を
思い出していただけたら幸いです。( ^ω^ )

art de vivre 日常の美学 〜広島の作家たち〜
日時 12月3日(火)〜9日(月) 午前10時30分〜午後7時30分
場所 広島三越 6階 ステージ

広島ブログにほんブログ村 ハンドメイドブログへ
↑ランキングに参加しています ポチっとクリックお願いしま~す(^^)

| | コメント (4)

2019年11月18日 (月)

ジュエルキューブの製作 前編

ヤンシーです。(・∀・)
バンドメンバーのジャンベ奏者、オットさんこと
松浦仁史さんのもう1つの顔は、彫金作家。
2年に1度のペースで、作品展を開かれます。
今年はその開催の年。

art de vivre 日常の美学 〜広島の作家たち〜
日時 12月3日(火)〜9日(月) 午前10時30分〜午後7時30分
場所 広島三越 6階 ステージ

その話は随分前から聞いていたのですが、
今年はそれに付随して作品を収納するケースを
作って欲しいとの事。
以前プレゼントしたコースターがきっかけとなったようです。

何パターンかサンプルを作って確認してもらい、
コースターと同じウォールナットでクリア仕上げ
という仕様に決まりました。
受注は200個です。
普段オーダー家具1点物が殆どで、大量生産は初めてです。
はてさて、どうなりますか。(^_^;

広島ブログにほんブログ村 ハンドメイドブログへ
↑ランキングに参加しています ポチっとクリックお願いしま~す(^^)

| | コメント (2)

2019年10月13日 (日)

台風19号と水槽設置

ヤンシーです。(・∀・)
台風19号、大暴れですね。
県内でもそれ程の影響はないというものの、
道路にコーンが散乱していたり、小さい木が倒れていたり。
風の影響が結構あるようです。
19号で思い出すのは、1991年の台風19号。
県内史上最大級の台風による被害だったと思います。
当時サラリーマンだった僕も、停電の影響で
しばらく会社が自宅待機状態になっていたと思います。
それ以来、19号と聞くと戦慄を覚えますね。

そんな中、昨日はオーシャンライフのタッキー社長と
180cm水槽の設置作業でした。
水槽台を製作し、搬入。
普通に作ると製作と搬送が大変なので、
2分割構造としました。
現地で合体させて、水槽を載せます。

Dsc_2184

水を張ります。
180×45×60cmの水槽ですから、水の量も400リットル以上。
これだけでも結構な時間がかかります。

Dsc_2187

珊瑚と海水魚の水槽なので、塩を投入。
濃度を測りなら、調整します。
食塩ではありません。
人工海水の素です。舐めると結構苦いです。

Dsc_2189

配管作業。
今回はオーバーフロー式ではないので、比較的簡単。

Dsc_2190

完成。

Dsc_2196

ダウンライト式の照明も、なかなかいい感じです。
生体は入れず、しばらく水質が落ち着くまでこの状態です。
生体が入るのが楽しみですね。( ^ω^ )

そして本日10/13、西条酒まつり福美人の特設ステージに
nancy channnelで出演させて頂きます。

022506m1

12時からの出演予定。

201913

ほろ酔い気分で聴いていただけるとありがたいです~( ^ω^ )

広島ブログにほんブログ村 ハンドメイドブログへ
↑ランキングに参加しています ポチっとクリックお願いしま~す(^^)

| | コメント (0)

2019年9月 9日 (月)

チェロ演奏台:Fホールの威力

ヤンシーです。(・∀・)
先週末、nancyさん宅でバンド練習があり、
チェロ演奏台の話題が出ました。

チェロ演奏台

そういえば、この台の音響データを
アップするのをすっかり忘れていました。(^_^;
遅ればせながら、この機にアップさせて頂きます。
測定にはある程度広い空間が必要なので、
いつもフラの練習をしている黒瀬屋内プールの
トレーニング室で測定しました。
今まで3台製作したチェロ演奏台ですが、
2台目の発注を頂いた呉市のO様に製作した台をお借りし、
またチェロの演奏もお願いし、測定に協力頂きました。

Dsc_1802

画像は、O様オーダー分の2台目の演奏台。
台を使わない演奏、O様の旧台、今回製作した新台の
3つのパターンで比較しました。
測定にはサウンドアナライザーというスマホアプリを使用。
そのアプリで周波数特性データを採取しました。

Sound_analyzer

新台はスピーカーのバスレフ方式を採用しているので、
バスレフダクトを取り付ける事が出来ます。
ダクトなしと15cmの長いダクトを付けた場合のデータを
採っています。

4

X軸は周波数、右へ行くほど周波痛が高くなります。
高音寄りになるという事ですね。
Y軸が音圧。棒が長い程音が大きいという事です。
1番右側の棒が、全体の音圧を表しています。
全体の音圧が上がっているのはもちろんですが、
中高音もバランスよく音圧が上がっています。
予想では、中低音中心に音圧が上がると思っていましたが、
予想外の結果となりました。
聴感上は旧台、新台とも音圧はぐんと上がり、
新台の方がより上がっている感じです。
音質的にはまろやかな旧台に対して、
新台はストラディのようにくっきりとした音質です。
ソリスト向きで、コンチェルトを弾いても
オケの音に埋もれにくい音質と言えます。
高い周波数の音圧もしっかりと上がっている事が、
音質にも表れている訳です。
しかしスピーカーの理屈で言えば、演奏台のような
巨大な振動板では、高い周波数は
発生しにくいのですが、なぜ高い周波数の
音圧が上がったのか。
ピンと来たのがこれ。
今回採用したFホールです。

F_hole

この形状を抜くことによって、振動板に部分的に
小さな面積の振動エリアが発生します。
画像の赤丸の部分ですね。
この部分が高い周波数を発生させていると推測されます。
バイオリンやチェロが豊かに響くのは、このFホールの
お陰なのかもしれません。
何世紀にも渡り、その形状を殆ど変えていないFホール。
デザインだけでなく、音響的な意味もあるようです。
後日新台を注文頂いたプロの方から感想を頂きました。
「狭い部屋でもG線C線の鳴りの良さ、
A線も遠くまで飛びそうな気がいたします。」

Riha

色々な部分で新しい構造となりましたが、
結果オーライだったようです。( ^ω^ )

広島ブログにほんブログ村 ハンドメイドブログへ

↑ランキングに参加しています ポチっとクリックお願いします。( ^ω^ )

| | コメント (0)

2019年8月26日 (月)

最近のオーダー:カウンター下収納(フレンチカントリータイプ)

ヤンシーです。
先月納品したオーダーです。
安芸郡海田町のS様ご注文のカウンター下収納。
壁から壁までの幅いっぱいにはめ込んだ収納です。
ご新居にお引っ越しを機にオーダー頂きました。

カウンター下収納 フレンチカントリータイプ
カウンター下収納 W214×D44×H69cm

カラーはシースルーホワイト。
フレンチカントリー調のデザインです。
ハードウエアはS様にお選びいただきました。

Dsc_1840

扉の内部は、可動棚が2枚入っています。

Dsc_1839

作り付けのカウンターは、左右前後で数ミリの違いがありますので、
複数個所を測定して一番小さい寸法で作る必要があります。
今回は問題なくぴったりとハマりました。( ^ω^ )

広島ブログにほんブログ村 ハンドメイドブログへ

↑ランキングに参加しています ポチっとクリックお願いします。( ^ω^ )

| | コメント (0)

2019年8月 1日 (木)

スツールのプレゼント。

みぃです(^^)

プレゼント話が続いてま~す。
2人の友達の誕生日が6月、7月と1ヶ月違いの26日(^^)
とても覚えやすい(笑)

ヤンシーにスツールを作ってもらい贈りました。
友達が画像を送ってきてくれました~♪


Burogu20190801

シャビー仕上げに。

Burogu20190801bb

全パーツ、ビンテージウッドを使っています。

スツール以外にもいろいろ使えるけどおそらく
2人のお尻が乗っかってるじゃろ(笑)

Burogu20190801cc 

・・・・・・・・・・

◎家具のお見積もりは無料です!

こんなのが欲しいなと思うデザインやサイズでお作りします。
店舗用家具やイベント什器等もご相談下さい(^^)

オーダー家具とハンドメイド雑貨のリトルパイン
ネットショップ,お問い合わせはこちらから・・・

広島ブログにほんブログ村 ハンドメイドブログへ

     ↑           ↑ ランキングに参加しています。

ブログにポイントが入りランキングが表示されます。
応援クリックよろしくお願いします(*^_^*)

 

| | コメント (0)

2019年7月30日 (火)

ダイニングテーブル天板の再塗装

ヤンシーです。(・∀・)
今回のオーダーは、広島市中区A様からの
ダイニングテーブル天板再塗装のご依頼。

Img_3377

このように表面のウレタン塗装が剥げ剥げになっていて、
せっかくいい作りのダイニングテーブルが悲しい状態でした。
脚部分の塗装は剥がれていないので、
天板だけ外して持ち帰り、再塗装することに。
その間、仮の天板をお渡しして凌いで頂きました。
ま、車検の間の代車の感じですね。
まずは塗装剥がしから。
しかしランダムサンダー用に買った塗装剥がしの
サンディングディスクに思わぬトラブルが。
全機種対応と書かれていたにも関わらず、取り付きません。
まさかの手作業となりました。
塗装剥がし用のタワシの様なスポンジで、
ひたすら剥がします。

Dsc_1836

3時間かけて大まかに剥がし、後はランダムサンダーで仕上げ。

Dsc_1853

無塗装状態の天板に戻りました。
そしてウレタン再塗装。
1回目。

Dsc_1855

塗ってはサンダー掛け、塗ってはサンダー掛けを繰り返し、
5回重ね塗り。

Dsc_1858

これで完成です。

10294595343918

元の脚に取り付けて、ミッションコンプリート。
すっかり新品のテーブルのようになりました。( ^ω^ )

広島ブログにほんブログ村 ハンドメイドブログへ

↑ランキングに参加しています ポチっとクリックお願いします。( ^ω^ )

| | コメント (2)

2019年7月23日 (火)

チェロ演奏台 プロ仕様

ヤンシーです。(・∀・)
過去2回製作させて頂いたチェロ演奏台ですが、
3台目を製作しました。
今回はプロの演奏家の方からのご注文で、
仕様を決めるやり取りの中で、サイズ、形状、構造全て
今までの物と全く違う演奏台となりました。

チェロ演奏台
チェロ演奏台 W151.5×D90×H8cm

まずサウンドホール。
今回はチェロなどに使われている「Fホール」と呼ばれる
形状を採用しました。

Cello_performance_stand_3

そして台から落ちない為のストッパーを設置。

Cello_performance_stand_4

音響的には、ヘルムホルツの共振器の原理を応用。
スピーカーで言えばバスレフ方式です。
左右2か所に共振ダクトが付いています。

Cello_performance_stand_2

そして軽量化と移動の便宜。
共鳴する部分は構造の複雑化で重くなりましたが、
人の乗る部分を出来るだけ軽くし、専用の台車を作りました。

Cello_performance_stand_5

全くのリニューアルとなったチェロ演奏台。
今回は音響特性のデータを取りました。
整理して、後日アップしようと思います。( ^ω^ )

広島ブログにほんブログ村 ハンドメイドブログへ
↑ランキングに参加しています ポチっとクリックお願いします。( ^ω^ )

| | コメント (0)

2019年6月13日 (木)

シャビーなカフェ風サインボード

ヤンシーです。(・∀・)
近所のカフェ、リエヴルさんのサインボードが
くたびれたというので、新しいのを作らせて貰いました。

シャビーなカフェ風サインボード

サイズは、W49×D5×H85cm。
荒材をシャビーに仕上げています。

R0057595

片面仕様も作りました。

シャビーなカフェ風サインボード

水性マーカーで書いて、水や消毒用アルコールを布に含ませて
ふき取れば消せます。
なかなか好評を頂いております。
ネット販売開始しました。
ご購入は、 コチラ より。( ^ω^ )

広島ブログにほんブログ村 ハンドメイドブログへ

↑ランキングに参加しています ポチっとクリックお願いしま~す(^^)

| | コメント (0)

2019年5月18日 (土)

ビンテージウッドで作ったディスプレイテーブル

ヤンシーです。(・∀・)
先日、実家の木工所で古材を発見しました。
使わないまま時間が経過し、ナチュラルにビンテージ化したヤツ。
これを使ってディスプレイテーブルを作ってみました。

ビンテージウッドで作ったディスプレイテーブル

材料の質感を生かすために、極力長さのカット以外はせずに
作りました。
塗装も素材の雰囲気を生かすため、マット調のクリア塗装。

C2

1つあると、お部屋の雰囲気が変わるんぢゃないかね。( ^ω^ )

広島ブログにほんブログ村 ハンドメイドブログへ

↑ランキングに参加しています ポチっとクリックお願いします。( ^ω^ )

| | コメント (0)

より以前の記事一覧